忍者ブログ

色々な情報発信源 

無料情報・有料情報など色々な情報を提供していく所です。
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08/15/20:08  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/27/09:02  無題

今日この頃
今日の朝は少し過ごしやすいです。

このまま一日涼しいとうれしいのですが?

昼頃になると又あつくなるのかな。


今日は一つ情報をお伝えします。


本日23:59にて値上げするというブログアフィリエイトで日給8万円

どういうものかじっくり見ていただきたいなと思いまして紹介させていただきました。

中身を見ていただきたいと思います。


ブログアフィリエイトで日給8万円 たった3ヶ月で月400万円稼ぐ仕組みを作ってしまった!


また、 に興味のある方は無料レポートをさいあげますので

こういう休みの時にべんきょうしてみてはいかがでしょうか?

 株に興味があり何もわからないから知りたいという人
 無料レポートを読んで勉強してください。
    無料レポート差し上げます
   http://surf.arrow.jp/096/
PR

05/29/09:26  第二ハードルをクリアー!懸念材料を払拭!

第二ハードルをクリアー!懸念材料を払拭!

先週末の東京市場は、私が挙げておいた下降条件を払拭し、反対に上昇条件をクリアーして引けました。

26日の市場は、一時最悪のパターンの15508円を下回りそうな水準の15819円まで水準を下げましたが、一転先物主導で戻し、最悪のパターンを脱したこととアジア株が堅調に推移したことも好感され277円高の大幅高を演じました。

上昇過程の中では、テクニカル陽転条件の24日の高値15907円もクリアーするおまけ付の15790円で引けました。

今後、2,3のハードルはあるものの投資し姿勢はネガティブからポジティブへシフト替えで臨みましょう。

今週の「超短期投資分析表作成マニュアル」シュミレーションは一銘柄入れ替えましたのでお楽しみに!

下記から分析シュミレーション(グラフ)をご覧になれます。
   ↓↓
http://tinyurl.com/hl4wc

もちろんこれを使っています。
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

Comment (0) | Comment (0) | TrackBack (0) | by masa



http://www.dreamblog.jp/blog/tbget.php?3c3f3e206d7f6d61a9a7

05/19/09:48  NY大幅安で、自立反騰も水の泡!各種指標は陰の極!

NY大幅安で、自立反騰も水の泡!各種指標は陰の極!
17日のNY市場は、4月消費者物価指数が、事前の予想を上回り、再びのインフレ懸念からFOMCによる利上げ継続観測が強まり、10年債利回りが急上昇する中で全面大幅安の展開となりました。

シカゴ日経225先物も15925円と大証比なんと345円安で引けていました。

これを受けた東京市場も朝方から売り先行で始まり、一時、日経平均ベースで400円安に迫るほどで、心理的な抵抗ラインの16000円をあっさり割り込んでしまう場面もありました。

しかし、後場にはいると、各種テクニカル指標が陰の極を示現していることから、安値を拾っておこうという買い物が入り、今まで相場安の悪役を演じてきた「ソフトバンク」が買われたことから、なんとか心理的節目の16000円をクリアーしてひけたのが救いというところでしょうか!

ここで、今日は、今後の相場の流れの注意点を貴方と一緒に検証してみたいとおもいます。出来ましたら、お手元のチャートブックの日経平均をご覧ください。

最初に見ていただきたいのは、5月20日から5月18日まで日足チャートの下値(最安値)が一貫して前日の下値をきっていることです。

私たちは、上値はよく見ますが、実はチャーのチェックポイントは、下値の方が大切なのです。

なぜなら、上昇を示唆する時は下値がドンドン切り上がっていきますし、反対に下げる場合は前日の下値をきってきます。

(本日の値動きで下値が切り上がってきたら、まだリバウンドの域ですが上昇が望めるということです)

もうひとつ、大切なポイントを見ておきましょう。

次のリバウンドの時、75日移動平均線を株価が上回ることができるか、更にもっと大切なことは、25日移動平均線を上回ってくることができるかです。

もし、25日ではじかれて再度75日を下回れば、今度は最悪の移動平均のデッドクロスも覚悟しなければなりません。

スタンスは、依然ニュートラルです。(できれば、カラ売りでとれる準備もしておきましょう)

------------------------------

稼げる手法をお持ちですか?

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
   ↓↓
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


Comment (1) | Comment (1) | TrackBack (0) | by masa
2006年05月19日
Title : Re:NY大幅安で、自立反騰も水の泡!各種指標は陰の極!
Name : 校閲者 (URL : http://)
「5月20日から5月18日まで日足チャート」は「5月8日から5月18日まで日足チャート」の誤りです。
END
タイトル

名前

URL

コメント記入欄


http://www.dreamblog.jp/blog/tbget.php?7573736d2032202ca9a2

05/18/09:36   さすがに6日続落後の自立反発!今後の流れで再騰確認!

さすがに6日続落後の自立反発!今後の流れで再騰確認!
昨日の東京市場は、日経平均が一時120円以上安くなる場面もあり、追証の投げを誘いながら16000円をあと33円ほどできってしまうところまで売り込まれました。

しかし、この心理的な節目を下回らなかったため、安心感から相場は自立反騰し149円高で引けました。

病み上がりの体をいたわるように、底練りしながら上昇トレンドを形づくっていくのか、それとも一気に上値をとっていくのか、はたまた再度下値を試しに行くのか、この数日が正念場となりそうです。

本日(18日)は日銀金融政策決定会合で「0金利解除」の意思決定がどうのようになされるか、また、明日(19日)には1-3月のGDPと買いづらい発表が相次ぎます。

上昇エネルギーの強い時期ならともかく、弱気か支配している相場では、「源平富士川の合戦」ではありませんが、「鳥の羽音」でも驚いて敗走することはよくあることです。

ともあれ、とりあえず昨日がプラスで引けたということは、一つの関門を通過したことは確かです。

本日がマイナスで引けた場合でも昨日の上げ幅の範囲内で納まり、明日、昨日の高値をぬけてくるようであれば、第一上昇波動確認(エリオットでは上昇は三波動)となります。

しかし、もう一度下値を試しにいく動きを示したとき、16000円を割れてきますと更に調整は長引きます。

来週後半からは、外人の市場復帰が顕著になってくると考えらえますので、7・8月の好況相場は期待できるといえます。

それまでは、一応投資スタンスをニュートラルで売り買いどちらでも対応できるようにしておきましょう。

みんなで儲けるために!

------------------------

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレ分析表作成マニュアル

デイトレよりもう少し長い期間で勝負したい!
こんな方には下記が重宝します。
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル


Comment (0) | Comment (0) | TrackBack (0) | by masa
タイトル

名前

URL

コメント記入欄


http://www.dreamblog.jp/blog/tbget.php?7574746a2735272ba9a1

05/17/10:19  政府発表、景気拡大4年4ヶ月継続でついにバブル期を抜く!

政府発表、景気拡大4年4ヶ月継続でついにバブル期を抜く!
一昨日の機械受注の下方修正は悪材料でしたが、為替も円高が一服、政府の景気拡大4年4ヶ月継続発表で買われても良い材料があるにもかかわらず、相場はまたしても先物主導で大幅続落となりました。

一昨日の相場が寄り付きより引けが高く、例えマイナスで引けても陽線が示現している銘柄が多かったため「底打ち完了か」と言及しましたが、大きく外してしまいました。

「分析表」では、上昇バイアスが示現していなかっただけに、やはり一人よがりは大怪我の元と反省しきりでした。

客観的データは尊重しなければならないということですね!

ところで、昨日(16日)の引けで25日移動平均線どころか、完全に75日移動平均線を下回ってきました。

3月8日以来のことですが、3月の時点では翌日直ぐに75日移動平均を上回って、相場の上昇トレンドが確認できました。

今回も、大きく切り返しが欲しいところですが、毎年5月特有の外人の中間決算で、利益確定の売りに押され何ともスッキリしない相場が展開されています。

昨日も、一時的にはプラスでシナリオどおりでしたが、やはり先物主導で大幅安、更に、信用の追証による投げが加速していることも事実です。

悔しいですが、外人筋は、利益確定売りで投資資金が潤沢になっていることから、この投げを安いところでは必ず拾っている筈です。

いつものこととは言え、彼らに先回りすることは難しいとしても、彼らの動向をキャッチして一緒に行動できれば(彼らを利用できれば)勝てるのですが・・・。

そのための方法は、やはり的確な分析で「大曲り」(相場の転換点)を把握して対応するしかありません。
補助的には、時々言及しています「外国証券の寄り付き前注文状況」に注意をはらっておくことです。

「分析表」をお持ちの方は、日経平均分析で下降バイアスが出た時点で、条件に該当する銘柄を売っておけば、大儲けでした。

株に「たられば」はありませんが、こんどは、上昇シグナルを見落とさないようにして、買いで大きく儲けましょう。

-----------------------

昨日デイトレの新マニュアルを発表しましたが
多くの問い合わせをいただきました。
やはり、デイトレーダーは「稼げていない」・・・
これが現状でしょうか。

答えはここにあります。。。。
  ↓↓
デイトレ分析表作成マニュアル


Comment (0) | Comment (0) | TrackBack (0) | by masa
タイトル

名前

URL

コメント記入欄


http://www.dreamblog.jp/blog/tbget.php?cacacad4998b9995a9a0